FC2ブログ













スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アグリコラ 考察 泥沼スタートカード

キッカワです。

今回は泥沼から導入されたスタートカードについて考えてみます。

まずはスタートカードの説明から。

スタートカードはゲーム開始時に各プレイヤーにランダムで配られるカードで
全部で9種類あります。

各カードは5×3の農場のマスが描かれていて、
その中身は木の部屋×2、森×5、沼×3その他空き地で構成されています。

各プレイヤーはスタート時にスタートカードにしたがって森タイルと
沼タイルを配置します。

森は特別アクションで木2か畑に。
沼は燃料3になります。

以上がスタートカードについてです。

そんなスタートカードですが、これが想像以上に曲者です。

まず、9のスタートカード。
あなぐまです。
木の部屋が囲われてしまっています。

この前毒見役のやつに9の地形で囲われている木の部屋を見られて
増築のタイミングをずらされました。
サツイが沸きました。

それ以外にも初期の畑の位置を間違えて痛い目みたり
最終的に変な牧場になってしまったりと
スタートカードに振り回されることはしばしばです。

そんなこんなでNASTYではスタートカードを集計しています。

▼10/2までの結果

091001_スタートカード実績

不利と思われていた9が最近勝利し団子状態へ。
ただ、なぜか1は依然として好調。

ちなみに実績の順に並べるとこうなります。

1
5
8
3
6
2
9
4
7

この順番にスタートカードを並べると一見法則はないように見えますが、
上位のカードは部屋の周りに森が少ないことがわかります。

泥沼のゲームの流れは、序盤に沼を燃料に変える率が高いため
森より沼のほうが先に消えやすいです。

そのため森が部屋の近くにあるといつまでも森のままになり
増築したいな・・これって焼畑すんのかな・・
しないのか・・てか邪魔・・なんてことに。

とはいえ空き地がマイナスになるゲームなので刈りすぎても大変。
恐ろしいゲームです。


[ 2010/10/06 21:10 ] 考察 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://agricola.blog99.fc2.com/tb.php/201-11bb3430





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。